わきあがる気持ち置き場

自分の中にわきあがる気持ちを書き留める場所です。雑多です。

プリンタニア・ニッポン 五話 感想など

こんにちは!

本日は第五話の感想などです!

佐藤、すあま、塩野、監視猫が出てきます!

 

気になるキーワード

・断罪カンパニー 反省穴掘削機

・交友関係は把握されている

・配信 コメント

 

順番に行ってみましょう。

 

まず断罪カンパニーって何?

えらい物騒な名前の会社ですけど。

そして反省穴掘削機って。

このしょうもない感じ、塩野好きそうだなーと思ったら案の定でしたね。

 

界隈では自撮りをアップするのが流行り。

とのことですが。

どんな界隈?

自撮りをアップする、というのと、後のコマで配信のコメントが〜と言っているのを見ると、SNSYouTubeみたいなものかな。

あぁ、塩野が好きそう、とまたしても思います。

 

塩野、めっちゃYouTuberっぽくないですか?

いや実はそんなにYouTube見ないんで詳しくないんですけど。勝手なイメージで。

「新製品の〜試してみた!」とかやってそう。

なんだろう、「見てみてー!」というセリフが似合いそうだからかな。

第五話にして塩野のキャラが自分の中で固まってきたぞ・・・。

 

 

次。

監視猫に交友関係が把握されてるという話です。

これはだいぶこの世界の設定に慣れてきたので、「そうだろうなぁ」という感じです。

どこ行っても監視されてるもんね。

あ、でも監視猫が把握してるんだね。コンサルじゃなくて。

監視猫って一体なんだろう。動けるコマ?中央なんちゃらシステムとかで操作とかされてるのかな。

 

監視猫、自分の中のイメージよりめっちゃ喋るなぁと感じます。

猫型ロボットだと思ってるから、あんまりしゃべらない、関わらないイメージだったんですよ。名前も監視、猫だしね。

だけど話し方や内容がかなり人間に近いというか、感情があるっぽいというか。

そういえばコンサルもそうですね。

機械かなと思えば、かなりブレがあるというか、人間味があるというか。

こういうところも、作品の不思議感を出すパーツ?になっていると思います。

 

関係ないけど監視猫のデザインめっちゃ好きです。可愛い。

監視猫のスマホケース欲しい。キーホルダーとか。Tシャツとか。

グッズ化お願いします。切実。

そういえばカバーで見るカラーは黒でしたね?確か。

青っぽいメタリックだと思ってた。どれにしても可愛いけどね!

 

 

 

今回はほのぼのした話だったので、短めになりました。

六話とまとめようかなと思い読み返していたら、ちょっとボリュームがありすぎて単品で書いた方が良いのでやめました。

ツッコミどころ多いんよ、六話・・・。

一つ一つは短いんだけど、その一話にギュイン!と内容が詰まってますよね、プリンタニア。

面白くてどんどん読んじゃうんだけど、時々手を止めて深呼吸しないと、窒息しそうになるのでご注意ください。

 

それではまた。

読んでくださりありがとうございます。